クラスTシャツを最速で作るためのポイント

今回は、オリジナルのクラスTシャツを最速で作るためのポイントをいくつか紹介します。

ポイント1.納期が早い専門店を利用する!

自分でクラスTシャツを作ろうとすれば時間も労力もかかってしまうので、そういった時は「オリジナルTシャツの専門店」に任せた方がいいでしょう。
急いでクラスTシャツを手に入れたいというときは、ホームページに書かれた納期の目安を確認した上で、「納期が早い」専門店を利用しましょう。
最速でクラTシャツを作れる専門店は、「自社工場でプリント作業をしている」「今日注文して今日集荷・翌日受取OK」といった特徴があります。

ポイント2.修正作業が入らないようにデザイン原稿をしっかり確認!

クラスTシャツを注文する際は、オーダーシートの他、デザイン原稿をショップに提出する必要があります。デザインを自分たちで作れないというときは、デザインサンプル集から好きなデザインを選び、名前や番号などの文字だけを自分たち用にアレンジするのもOKです。
ショップは受領したデザイン原稿をもとにデザインデータを作成するので、記載に誤りがあったり、指示する箇所のコメントが抜けていたりすると、訂正作業が必要になりさらに時間がかかってしまいます。
そのため、できるだけ早くクラスTシャツを作りたいと思ったら、デザイン原稿を送信する前に間違いはないか?抜けている指示はないか?といったことをよく確認して、スムーズに作業を進められるようにしましょう。

ポイント3.使う色を1色にする!

クラスTシャツにおいて定番とされる印刷方法が、「シルクスクリーン印刷」です。
この印刷方法は、Tシャツにプリントしたいイラストや文字の抜き型を作り、そこにインクを流して色をつけます。抜き型は1色につき1版必要となるため、プリントする配色が多ければ多いほど時間がかかります。

シルクスクリーン印刷は、ほかの印刷方法にくらべてプリントがはがれにくく、大量の枚数を印刷するのに適した印刷方法です。そのため、なるべく時間を短縮して作業を進めるためにも、シルクスクリーン印刷を選ぶ場合は使う色をシンプルに1色に限定することで納期を早めることができます。